会計ソフトの無料タイプの利用法

img-1

会計ソフトは有料で市販されているものもあれば、各企業が独自に作成をしているもの、その他に無料のタイプも存在します。


この無料の会計ソフトでは、インターネットを通じて無料で配布されているケースや、昔は雑誌の付録などのフリーソフトウェアとして配布されていることがよくあったものです。
会計ソフトで注意したいのは、特に税金の計算を行わなければならない個人事業主や比較的規模が小さい合同会社などの場合で、このとき控除すべき税金特に所得税及び復興所得税に関して、計算が誤りなく出来ているのかどうか確実に確認を行わなければなりません。
なお、その他の40歳以上が支払う介護保険料や住民税などは、役所から届く通知を元に天引きがされればいいだけですので、それほど問題にはなり得ません。

場合によっては個人側で確定申告を行っているため、住民税の天引きをしなくても済む場合もあるでしょう。
その他、社会保険料控除などにおける厚生年金保険料や健康保険料も、年金事務所などとの連携に基づいての天引きが出来ればいいものなので、それほど心配をしなくてもいいでしょう。


こうした控除が正しくなされるようなソフトであれば問題はありませんが、無料の場合はその計算が本当に正しくできているのか、確認をしっかりと行う必要が生じます。
このとき、人の手による確認も確実に行えるように、無料ソフト任せではなく、担当者や責任者がしっかりと計算が出来るだけの知識は持っておくことが求められるところです。

webコンサルついて詳しく説明しているサイトです。









https://okwave.jp/qa/q8856583.html

http://biz-journal.jp/2012/08/post_526_4.html

https://4meee.com/articles/view/538117

関連リンク

img-2
クレジットカード決済にはデビットカード

今やクレジットカードは条件次第では誰もが持つことができる便利なカードですが、その中でもクレジットカードと同等のデビットカードというものは特に便利なクレジットカード決済の方法です。デビットカードというのは現金代わりに使えて、預金口座の即時支払いのため使いすぎの心配がなく16歳以上なら誰でも持つことができます。...

more
img-2
クレジットカード決済をうまく利用するコツ

お買い物をした後の代金の支払い方法としては、現金決済のほかにクレジットカード決済が挙げられます。現金を持ち歩くリスクもなくなるので多くの人が活用しているでしょう。...

more
top